意外な人が関わりになっていたコピー機の歴史

今はどの企業でも、また個人でも、当たり前のようにコピー機を利用していますが、昔はもちろんこの便利な機械が存在せず、同じものをたくさん準備したいという時、複写するシステムが何もない昔は、同じものを何度も書くという事を行うほかありませんでした。

しかし今は、コピー機があります。
文書をコピーする時にも、写真をコピーする時にも、何も困ることなくコピーできます。
企業ではコピー機がなければ仕事になりませんし、お役所などでも毎日たくさんコピー機を利用しますので、もしこの機械が発明されなければ、現在のような便利さはなかったでしょう。

シーボルトという方をご存知でしょうか。
長崎にその昔やってきた医師です。
オランダ人であり、そののちたくさんの学者を輩出したとしても知られています。
この方、帰国の際に国外に持ち出し禁止となっていた日本の地図を持ち出そうとして国外追放になってしまいますが、この事件が実はコピー機の誕生に大きく関係しているのです。

その後、写真の実用化に成功し、さらにカーボン紙が発明されました。
さらにエジソンによってガリ版(昔小学校でプリントなどを印刷する際に利用していました)という印刷術が発明され、現代も日本でおもちゃの印刷機などとしてこの機能が利用されています。
その後コピー機が誕生することになるのですが、当サイトではどのようにしてコピー機が誕生したのか、その歴史をお伝えします。
皆様の知識となれば幸いです。